sloppy joe live info.
☆7/31 Indietracks
@Midland Railway Butterley,England

☆8/20 Nagoya


About Bluebook

7.18生まれ。
趣味:宝くじ、音楽


日々ほとんど役にたたないものばかり
だけど、たまにある、少しだけの「何か」を
すくい取って綴ってます。

血液O型。典型的大雑把。
変な所にこだわる。木星人(-)。



「sloppy joe」
でギターを担当。
「cleandistortion」は
現在休止中。

ギターは、
Rickenbacker #330
Fender Telecaster Deluxe(black)
そしてHiwatt100


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Bluebook

Sloppyjoe、cleandistortionのGt.がこの世にたれ流す日々の雑記。
考えたことを徒然なるままに。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
すべてはタスクに支配される


昼間見つけたITproの記事。


「超多忙のエンジニアが教える家庭円満の秘訣」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071030/285841/

すごいね、この記事。ここまで踏み込まないといけないくらい、
ITエンジニアという種族の男達の身の回りは崩壊してるってことなのか。




この記事の最後の一節、

--------
「仕事が忙しいのだから一緒にいられないのは仕方がない」
と考えるのではなく、
「日ごろつまらない思いをさせているのだから何らかの方法でリカバーしよう」
と努めることが大事。

相手の目線で問題をとらえ解決策を考えるのは,ITエンジニアに
とって自然なことではないだろうか。
--------

こんな風に文字で書いちゃうと愛情うんぬんというよりは
義務感が先行するようで、こんな風に思われても女子は
嬉しくないだろうに。


ITエンジニアにとっては家人に対する振る舞いも"タスク"ってことですか。
なんでもOutlookにいれちまえ。




| SE | 14:11 | comments(0) | - |
誇れる仕事


以前自分が5年ほど担当していたシステムが
「サービス開始20周年」ってことでお祝いのパーティーが
催されたので参加してきた。


ホテルに着いたらすでに200人くらいいたのか、
かなりな盛り上がりっぷり。
すでに営業チームはいい感じに出来上がっている。


受付にはほんの少し間違ったハロウィンの格好をした女子が数人。


とりあえずだらだらとご歓談、と思ったらフロア中、
なんとも懐かしい面子ばかり。

いっつも俺に問い合わせばっかりしてた開発担当の面々や(素敵女子含む)
各サブシステムのリーダ、いっつも俺を怒ってた営業、
そして担当部長(今は役員)。社長も来てたな。


偉い人の乾杯のあと、
結婚式のなれそめよろしくスライドショー(みうらじゅん)形式で
過去20年の経緯をみんなでふむふむと眺める。

自分の担当のとき、規制緩和もあってかユーザは過去最多で多かったけど、
投資も多かったので利益自体はあれだけど、今は業界の追い風もあってか、
過去最高益なんだそうで。いいことです。

処理性能も自分が担当はずれたあと3年で3倍に。すげー。



ご歓談では営業と談笑。自分が担当のときは、
オンラインは落っことすは、OS止めるは、システム変更3ヶ月連続で失敗するは、
でめちゃくちゃなときがあって、もちろん直接お客からもしかられたり、
なによりその営業からすごい剣幕で怒られたのは今でもよく覚えてる。


でも、今日は、から揚げなんて食べながら笑って話せるネタになってた。


今、苦労して「きつい」とか「やめる!」って思っても、
時が経てば、きっとそれが酒場での笑い話になる。


「仕事」なんてそんなもんだ。


開発チームには何人か仲のいい女性が多かったのだけど、いつのまにか社内で
何組か結婚してたり、お腹膨らんでたり・・・皆さんママさんへ。


運用チーム、端末チームとは仲がよかったので、
いろいろやったプロジェクトの思い出を。

でも、思い出っていってもシステム屋は徹夜したとか○日連続勤務とか
そんな話題ばっか。


自分たちシステム管理グループの間では、
「○○システムに関わった人間は結婚できない」という定説が
できていて、それを聞いた開発チームはまじめに
「ほんとだー」
「佐藤さんかわいそー」とまじめにかわいそうな目で見られた。
ま、自分の先輩含めてほんとに誰も結婚していないから不思議。


SEなんて3Kとかいわれるけど、こうやって仕事のことで、
過去の面子とあって同窓会気分になれるのはなんともうれしいし、
こうやって日本の金融の規制緩和/強化とかめちゃくちゃな状況の中で、
システムがシェアNo1のまま、衰退せず動いているというのは
なんとも誇らしいしうれしいこと。



30周年で出席するときまでには、
もう一回携わってみたいと思ったそんな夜は
あまりに楽しすぎたので、日本酒やらワインやらウイスキーやら
わけもわからず呑みすぎ。帰りはヘロヘロなのでした。



そして、今日は3年間やってきたプロジェクトでつくった
システムをお客さんと一緒にデータセンターへ見学。

打ち上げやったら、heavenいきます。
楽しみです。。




| SE | 14:34 | comments(0) | - |
生産性向上策=スギ伐採


花粉がすごすぎる。
家を出た瞬間から頭が重いし涙はすごいことになってるし。
明日から薬漬けにならなきゃ。



正直な感覚、これだけで生産性半減してるし。
0.5MM程度損失。高いなあ。



| SE | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
それじゃ、おいおいで



おとな語の代表格といっていい「じゃ、おいおいで」。


一日に4、5回くらいいってるな、と思って思わず笑った。


「じゃーこの問題というか課題はおいおい、ということでいいかな」
「でも、お尻は決まってますよね、まずいんじゃないですかね?」
「それじゃなるはやってことでよろしく」


なんだそりゃ。


こんな"やわらかい"会話なんてこの日本のSE業界で
一日4500回くらいやってんじゃないの?



「お尻」だらけの日本を想像したらすこし心が晴れた。


| SE | 19:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
わからないことだけがわかってる


人生、上っ面な週末ばっかりじゃないわけで。


とうとうきた、ひさびさのビッグウェーブ。


誰が決めるのか、
誰がわかっているのか、
誰に相談していいのか、
誰がやれるのか、
全て一寸先は闇状態。


でも、進めるのはたった俺一人。



どうしたらいいかわからないことだけがわかってる。
君が好きじゃないことだけがわかってる。
同じにするな、といわれそうだが。


どうにもならないという「無力感」ってのは
こうも人を切なくさせて、一瞬のうちにひとを
ダークサイドに落とし込むのだ、ということが身をもってわかる。



スキルもノウハウも経験も関心もメリットもなく、
ただただ巻き込まれただけの仕事になんの魅力や
やりがいがもてるはずもないし。



そして、いろんな疑問を感じつつ一日始発から終電まで
もがいて苦しんで、そして次の日、また夢遊病のように会社に行く毎日。


もうこんな雰囲気で3週間。今週から毎日だ。



辛いのが誰にも相談できない、ってことだなー。
グチたれるやつもいねーし。


なんか昔あった「自殺日記」みてーだ。
100日後、死にますみたいな。



ま、死なんけど


| SE | 01:01 | - | - |